ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ薬です。

ジェイゾロフトの副作用は全体的に少ないですが、嘔吐下痢・不眠・性機能障害がみられます。

ジェイゾロフトは、他の受容体に対する作用が少なく、レクサプロと同じように副作用が少ないお薬です。ですから、セロトニンによる副作用が中心で す。胃腸を刺激してしまうことで、吐き気や下痢がみられることがあります。また、睡眠が浅くなって不眠傾向になる方もいます。性機能障害がSSRIでよく みられますが、ジェイゾロフトはパキシルはその中でも多いです。70~80%の方に認められるといわれています。

それはジェイゾロフトの成分であるセロトニンが嘔吐中枢に作用して吐き気をひきおこします。また、胃腸にも働いて腸の動きを活発にして下痢になることがあります。これはよくある副作 用ですので、ジェイゾロフトを飲まれる方は心づもりをもってください。胃腸の副作用は薬が身体になれてくると落ち着いていきます。一時的に薬で胃腸薬でサ ポートしていくのもありです。

また、セロトニンの刺激が強くなりすぎると睡眠が浅くなることがわかっています。このため途中で目が覚めてしまったりと、不眠の原因となることがあ ります。反対に眠気を感じる方もいらっしゃいます。作用機序だけをみると眠気はおこりにくいのですが、薬を飲むと眠くなってしまう方が時々います。この場 合は、飲み方の工夫や薬の調整を行っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>