抗うつ剤の種類

うつ病の治療には薬剤を用いることが多くありますが、その種類は多様化しています。抗うつ薬に対して納得して、治療を進めていっていただけたらと思います。まずは抗うつ剤にはどんな種類があるのか見てみましょう。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなどに分けられ、市販されているものはなく全て医師の指示の元に処方されています。それぞれの特徴を紹介します。

・三環系抗うつ剤(TCA)
三環系抗うつ剤は、強力な抗うつ作用がありますが、副作用も多く、重篤な副作用が起こることもあります。三環系抗うつ剤の作用機序はモノアミンの再取り込みを阻害することです。モノアミンとは気分に影響を与える神経伝達物質の総称でセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどがあります。

・四環系抗うつ薬
四環系抗うつ薬は三環系抗うつ薬よりも、抗コリン性の副作用が比較的軽い薬です。また抗うつ効果作用も三環系に比べると短い期間で効き始める場合が多いようです。

・SSRI
セロトニントランスポーター(セロトニンの量を調節する器官)に作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安症状をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安症状が強い患者さんにも用いられます。副作用は比較的少ないといわれていますが、飲みはじめに、吐き気やむかつき、便秘、下痢などの消化器系の副作用があらわれることがあります。

・SNRI
SSRIがセロトニンにのみ作用するのに対して、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。

・NaSSA
NaSSAはSSRIなどと違い、再取り込みを阻害するのではなく、分泌量を増やすことで抗うつ作用を発揮する薬です。NaSSAでは一般に眠気や体重増加が副作用として挙げられるそうですが、これらの副作用は仕事や家事に影響が出たり、体重増加によって精神的に悪い影響が出たりすることによって服薬中止になることもあるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>