Monthly Archives: 8月 2016

ジェイゾロフトの口コミ

ドロスピレノン(DRSP) ジェイゾロフトを実際に服用した人の感想はネット上でも多く見かけることができます。その中であくまでジェイゾロフトの薬品だけについて書かれている口コミや体験談などを公正な立場としてまとめて見ました。効果に対する評価を発表します。

服用して1年位です。アメリカに住んでいるのですが、ここでは以前からよく服用される薬のひとつだそうです。私は、服用しだ して2週間位でとても気持ちが楽になりました。私の周りにも何人か飲んでいる人がいますが、皆一様にとても良いと言ってます。眠気が強くなったため、服用 する時間を調節しながら、自分にあった方法を少しずつ探しました。ゾロフトは副作用も少ないので、私はとても助かっています。私も服用前はかなりひどかっ たのですが、今は本当に楽になりました。かかりつけのお医者さんの勧めもあり私はカウンセリングも平行して受けたのも、とてもよかったようです。そして、 いつもお医者さんに聞かれるのが、運動をしているか、体にいい物を食べているか、水を沢山飲んでいるか、規則正しい生活をしているかです。基本的な事が本 当に大切なんだなと実感しています。私は、自宅で一人で仕事をする事がとても多いので、それも生活、精神面によくなかったのだと思います。お子さんを一人 で育てられ、精神的にも大変なことが多いかもしれませんが、きっと大丈夫。回復なさいますよ。応援してます。自分を大切にしてあげてくださいね。

何かを説明しなければいけないシチュエーションになると手汗も額汗も出てきてドモってしまう。一ヶ月に一回のミーティングが一苦労。部下に示 しもつかない。リラックスにはデパスがいいと聞いたがJゾロフトがこの手では一番有名なようなのでこちらにしました。先月先々月のミーティングではJゾロ フトと自己暗示で、以前に比べたらだいぶ改善できたのではと自負してます。それ以外普段の生活では落ち込みがなくなり快適です。

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ薬です。

ジェイゾロフトの副作用は全体的に少ないですが、嘔吐下痢・不眠・性機能障害がみられます。

ジェイゾロフトは、他の受容体に対する作用が少なく、レクサプロと同じように副作用が少ないお薬です。ですから、セロトニンによる副作用が中心で す。胃腸を刺激してしまうことで、吐き気や下痢がみられることがあります。また、睡眠が浅くなって不眠傾向になる方もいます。性機能障害がSSRIでよく みられますが、ジェイゾロフトはパキシルはその中でも多いです。70~80%の方に認められるといわれています。

それはジェイゾロフトの成分であるセロトニンが嘔吐中枢に作用して吐き気をひきおこします。また、胃腸にも働いて腸の動きを活発にして下痢になることがあります。これはよくある副作 用ですので、ジェイゾロフトを飲まれる方は心づもりをもってください。胃腸の副作用は薬が身体になれてくると落ち着いていきます。一時的に薬で胃腸薬でサ ポートしていくのもありです。

また、セロトニンの刺激が強くなりすぎると睡眠が浅くなることがわかっています。このため途中で目が覚めてしまったりと、不眠の原因となることがあ ります。反対に眠気を感じる方もいらっしゃいます。作用機序だけをみると眠気はおこりにくいのですが、薬を飲むと眠くなってしまう方が時々います。この場 合は、飲み方の工夫や薬の調整を行っていきます。

ジェイゾロフトの効果時間について

ジェイゾロフトは2006年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。日本では比較的新しいお薬ですが、イギリスで1990年から使われ始め、全世界に広まっていきました。SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニンにしぼって増加させる働きのある抗うつ剤になります。

ジェイゾロフトは、抗うつ剤の中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があり、2015年12月からジェネリックが発売されました。

抗うつ剤は、不安や不眠に関しては、効果がすぐに表れることもありますが、一般的には効果が出てくるには2週間程度かかります。
が安定して効果を発揮するためには、常に身体の中に薬がある状態が必要です。薬を規則正しく服用していると、身体の中に少しずつ薬がたまっていきます。およそ服用を始めて4~5日ぐらいで薬の体内での濃度が安定します。

ジェイゾロフトを服用すると、6.7時間で血中濃度が最高値になります。そこから徐々に血中濃度が低下していき、22~24時間で血中濃度が半減します。このように、ジェイゾロフトは身体から抜けるのがゆっくりなお薬なので、1日1回の服用で効果が1日持続します。

夕方に1回服用とすることが多いでしょうか。1日のどこで服用してもかまいません。薬の説明書には、25mgを1日1錠からとなっています。副作用も少ないので、通常は1錠から始めていきます。薬の効果をみながら、25mgずつ調整していきます。100mgまで使う事ができます。

ジェイゾロフトの使用方法

ジェイゾロフト錠(一般名:セルトラリン)はSSRIに属する抗うつ剤で、海外では1991年から、日本では2006年から発売されています。2014年にはOD錠(口腔内崩壊錠)も発売されました。
SSRIは、「選択的セロトニン再取込阻害薬」の略で、セロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮する抗うつ剤のことです。
ジェイゾロフトの特徴を一言で言えば、効果はやや弱いけど、安全性の高い抗うつ剤と言えます。
ジェイゾロフトは特にクリニックの先生がよく処方する抗うつ剤ですが、これは安全性が高い事が1つの理由です。効果もある程度あって副作用も少ないため、外来レベルでも使いやすいのです。

抗うつ剤としての「強さ」を見ると、パキシル(一般名:パロキセチン)などの「強い」と評価されている抗うつ剤と比べると確かに一段階弱い印象はあります。しかし弱すぎて使えないレベルではなく、臨床でも十分使えるレベルです。穏やかに効いてきますので、ゆっくり安全に治したい方には良い適応となります。
副作用も、他のSSRIや抗うつ剤と比較すると軽く・少ない傾向があります。飲み始めの吐き気・胃部不快感は多くの方に出ますが、ほとんどは一時的で、1~2週間乗り切れば、自然と改善します。

使用方法
1日1回1錠、水またはぬるま湯で服用してください。
はじめての方は、50mgから服用することをオススメします。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。