Monthly Archives: 11月 2016

エチラームについてこと

エチラームはチエノジアゼピン系の緩和精神安定剤です。エチラームは不安感や緊張感に対して緩和することができます。エチラームは気持ちを落ち着くこともできます。もちろん、リラックス効果や筋肉を緩める効果、抗うつの効果もあります。しっかりと作用しますが安全性も高いため国内でも非常に人気の薬です。これから、オオサカ堂でエチラームについてことを詳しい説明しましょう。

エチラームとは?

エチラームは緊張を緩和する薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で発行されている治療薬です。病院に通院し、医者に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。精神科などを受診するとよく処方される抗不安薬デパスとは名称こそ違いはありますが、ジェネリックとして発行されている以上、成分などは同様だと思われます。そのため、エチラームの効き目や持続時間、副作用などについてはデパスと同様と考えて良いでしょう。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。
エチラームの成分と効果についてこと

エチラームにはエチゾラムと呼ばれる成分が配合されています。これはエチラームの先発医薬品であるデパスに配合されている成分とまったく同じものです。エチラームの効果の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームとお酒の影響についてこと

習慣にまではなっていなくとも、お酒を飲むことがあるという人は多いでしょう。エチラームの服用をはじめるにあたり、飲酒との絡みで気をつけなければいけないことがありますので、目を通しておくことをおすすめします。お酒を飲むとよく薬が効くようになると解釈する人もいるかもしれませんが、副作用がひどくなることのほうに注目すべきです。エチラームとアルコールを一緒に摂った場合、呼吸不全や循環器不全を招く恐れがあり、最悪の場合には命を落とすことになりかねません。
エチラーム飲み方についてこと

エチラームを購入して使用をはじめるにあたり、どのようにして服用するのかと不安や疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。錠剤と舌下錠の2種類のエチラームが製造販売されていますが、両方の服用方法をここで個別に解説していくことにします。

■錠剤型の服用方法

うつ病の人

…1日あたり3mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

神経症の人

…1日あたり3mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

心身症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

頚椎症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

腰痛症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

筋収縮性頭痛の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

睡眠障害の人

…1日あたり1~3mgのエチラームをお休み前に1度だけ飲みます。

なお、高齢者の人は1日あたり1.5mgまでが最大使用量となっていますので、これを超えて飲んではいけません。

■舌下錠方の服用方法

うつ病の人

…大人は基本的に1回あたり2錠を1日あたり3回飲みます。

神経症の人

…大人は基本的に1回あたり2錠を1日あたり3回飲みます。

心身症の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

腰痛症の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

筋収縮性頭痛の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

睡眠障害の人

…大人は基本的に1回あたり1~3錠を1日あたり1回だけお休み前に飲みます。
以上がエチラームの服用方法です。自分の場合は1回あたり、1日あたりどのぐらいの量を飲めばいいのかわかったでしょうか。なお、錠剤と舌下錠では、舌下錠のほうが薬の効き目がすぐにあらわれるといわれていますので、選ぶ際の参考にしてください。エチラーム体験談から「高い安全性を持つだけでなく、耐性や依存性も少ないため、大変人気のある精神安定剤です。」といいました。その他にも、睡眠作用や、筋肉をほぐす効果もあるため、幅広く治療に用いられます。病院でもらう事ができますので、お医者さんの話を聞き、正しく使うようにしましょう。以上はオオサカ堂でエチラームについてことを紹介しました。もし、興味がある方は、是非ごらんください。

from:http://sushi-on-the-run.com/

 

 

うつ病の原因

近年、患者数が著しく増えている精神疾患・うつ病。うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。うつ病は、起きる仕組みや原因が正直はっきり解明されていませんが、その人にはそれぞれ持っている性格・性質と今いる環境的が原因で起こるストレスが関係していると考えられています。

1.性格・性質
うつ病の人にはある一定の性格傾向や気質があることが知られています。性格的には、メランコリー親和型性格と呼ばれる性格がうつ病になりやすいことが指摘されています。これは、真面目で几帳面、融通が利かず、秩序を重んじるような方が該当します。
うつ病が起こりやすい性格
きまじめな性格
・几帳面
・仕事熱心
・凝り性
・責任感が強い
・何をするにも徹底的
・限界まで頑張ってしまう
・正直でごまかしができない
・対人関係をとても大事にする(他人との衝突を避け、他人に尽くすが、自分の周囲が思うようにできる状態にならないと安心できない)
社交的な半面、気が弱いところもある性格
・社交的
・親切
・親しみやすく好人物
・善良
・明朗で活発
・静か
・気が弱い
・他者を優先させる
・さびしがり屋
・反省的

2.今いる環境
身の回りに起こる大きな環境の変化。家族や親しい友人との死別や離別、大切なものの喪失(仕事、財産、健康など)、人間関係のトラブル、家庭内のトラブル、職場や家庭での役割変化(昇格、降格、結婚、妊娠など)。育った環境や、周囲から受ける慢性的なストレスなども、発症の要因の一つと考えられていますが、どの様な過程を経て発症につながるかは、はっきりわかっていません。

抗うつ剤の種類

うつ病の治療には薬剤を用いることが多くありますが、その種類は多様化しています。抗うつ薬に対して納得して、治療を進めていっていただけたらと思います。まずは抗うつ剤にはどんな種類があるのか見てみましょう。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなどに分けられ、市販されているものはなく全て医師の指示の元に処方されています。それぞれの特徴を紹介します。

・三環系抗うつ剤(TCA)
三環系抗うつ剤は、強力な抗うつ作用がありますが、副作用も多く、重篤な副作用が起こることもあります。三環系抗うつ剤の作用機序はモノアミンの再取り込みを阻害することです。モノアミンとは気分に影響を与える神経伝達物質の総称でセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどがあります。

・四環系抗うつ薬
四環系抗うつ薬は三環系抗うつ薬よりも、抗コリン性の副作用が比較的軽い薬です。また抗うつ効果作用も三環系に比べると短い期間で効き始める場合が多いようです。

・SSRI
セロトニントランスポーター(セロトニンの量を調節する器官)に作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安症状をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安症状が強い患者さんにも用いられます。副作用は比較的少ないといわれていますが、飲みはじめに、吐き気やむかつき、便秘、下痢などの消化器系の副作用があらわれることがあります。

・SNRI
SSRIがセロトニンにのみ作用するのに対して、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。

・NaSSA
NaSSAはSSRIなどと違い、再取り込みを阻害するのではなく、分泌量を増やすことで抗うつ作用を発揮する薬です。NaSSAでは一般に眠気や体重増加が副作用として挙げられるそうですが、これらの副作用は仕事や家事に影響が出たり、体重増加によって精神的に悪い影響が出たりすることによって服薬中止になることもあるそうです。