4つのストレスについてそれぞれを解説していきます

うつや自律神経失調症の原因とは一体何なのでしょうか。そう聞かれたら、多くの人は「ストレスだ」と答えるでしょう。

本文は4つのストレスについてそれぞれを解説していきます。

1.精神的ストレス

精神的ストレスは、みなさんが一番ストレスとして実感しやすいものです。人間関係など、基本的に「嫌だなぁ」と思うことが精神的ストレスに入ります。

多くの方が、ストレスというと、この精神的ストレスのみが原因と考えてしまうことで「うつや自律神経失調症を悪化」させてしまうことがよくあります。

2.構造的ストレス

構造的ストレスとは、主に体のゆがみを指します。

体がゆがんでいると、そのゆがみの情報は確実に脳に伝わり、あなたが意識しているかしていないかに関わらず、脳はストレスを感じます。

うつや自律神経失調症の原因に関係する体のゆがみは、主に、頭蓋骨・あご・全身の筋肉・背骨・骨盤などがそれに当たります。

「頭蓋骨がゆがむの?」と思う方もいるでしょうが、うつや自律神経失調症の方には頭蓋骨がゆがんでいる方がとても多いのです。

他にも、全身の膜組織(まくそしき)といわれる内臓や脳などを支えている布のような組織もゆがみます。

やはりこれらの情報も脳に伝わり、脳がストレスを感じるのです。

3.化学的ストレス

化学的ストレスとは、主に栄養素を指します。

ある栄養素が過剰であったり不足であったりしても、その情報が脳に伝わりストレスを感じるのです。

実は、うつや自律神経失調症の原因となりやすい栄養素があることをあなたはご存知でしょうか。

(※栄養素に関しましては、この先さらに読み進んでいただくことで明らかになっていきます。)

この栄養素を過剰に摂れば、誰でもうつや自律神経失調症の原因になります。

また、反対にうつや自律神経失調症になりにくい栄養素もあります。

この栄養素が不足すると、うつや自律神経失調症の原因になります。

更に、栄養素以外にも化学物質や匂いで感じるものなども化学的ストレスに入ります。

4.温度と湿度のストレス

温度と湿度のストレスとは、文字通り寒すぎたり暑すぎたりすることがストレスになります。

湿度も快適でないとストレスになるのです。

更に、気圧などの変化もストレスになりますので、天気が悪いのもこのストレスに入ります。

また、体の温度もストレスになりますので、うつや自律神経失調症の方は体温などに注意する必要があります。

温度と湿度のストレスのみ、これだけでうつや自律神経失調症の原因になることはありませんが、既にうつや自律神経失調症の方には、うつや自律神経失調症の症状を悪化させてしまうストレスですから、他の3つのストレス同様に気を付けなければなりません。

さて、ここまでご覧いただき、どのようなものがうつや自律神経失調症の原因となるストレスかがお分かりいただけたかと思います。

次にあなたが知る必要があるのは、ストレスがあるとなぜうつや自律神経失調症になるのかという仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>