Author: ジェイゾロフト

うつ病各段階の表現

うつ病の表現には様々なものがありますが、ここでダウンと言っているのは、苦しい辛いとてもイヤな気分のレベルだと考えてください。グラフでの一番底のレベルは、死にたいほど苦しくて辛い、何もせず目をつぶって横になっていてもどうもがいてもとにかく苦しくて辛いといった最低のレベルと考えてください。

■ うつ病の初期:急進期
・ アップダウンが徐々に激しくなってき、
・ 悪化するにつれてアップダウンの幅が大きくなり、
・ しだいにダウンしたときの気分がさらに深くなっていきます。

■ うつ病まっただ中の重症期
・ 気分は深くダウンしたままで、アップダウンがあまり感じられません。

■ うつ病の後期、回復期
・ 時々気分が多少アップし始めるのが感じられるようになります。
・ しかしアップとダウンが繰り返され、敏感で不安定な時期です。

■ うつ病の最終段階、寛解期
・ 激しく落ち込む、長い時間ダウンしたまま、という状態がほとんど無くなってきます。
・ しかしまだ完治というわけにはいかず多少の緩やかなアップダウンが続きます。

このアップダウンの経過には、いくつものパターンがあります。
実際の時間的な経過は、このグラフと違って後ろの過程が間延びしてしまいやすい。
急進期は1~3ヶ月とばらつきがありますが、その後の重症期は数ヶ月から1年にも及ぶ場合もあり、さらにその後の回復には数ヶ月で済む人もいれば数年から十数年かかる人もいます。

時間的な長さだけでなく深さのレベルでも、人によってそのパターンはかなり異なります。さらに、同じ人でも、何年かおきに繰り返しうつ病を発症する場合、そのたびに異なるパターンの経過をたどることも多いのです。

また、このグラフに示した重症期のパターンと違って、急進期や回復期と同じようなアップダウンを更に何度も何度も繰り返すというケースも珍しくありません。この点、双極性障害とも見分けがつかない症例になります。

うつ病の症状心と体

うつ病は、気分障害の一種です。うつ病は日常生活に悪影響を及ぼします。うつ病は「心」だけでなく、「体」にも症状があらわれることがあります。体の症状はわかりやすいです。心の症状は人にとって理解にくいです。ここでうつ病の症状詳しく説明します。

心の症状

1.抑うつ気分

気分が落ち込む、特に朝の抑うつ気分が強い

悲しい気持ちになる

憂うつだ

何の希望もない

2.思考力の低下

集中力が低下し、仕事の能率が落ちた

些細な決断ができない

注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない

3.意欲の低下

今まで好きだったことや趣味をやる気になれない

友人や家族と話すのも面倒だし、話していてもつまらない

テレビや新聞をみてもおもしろくない

身だしなみやおしゃれに関心がわかない

体の症状

1.睡眠の異常

眠れない(入眠困難)

朝、目覚ましよりも早く目が覚める(早朝覚醒)

夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)

寝た気がしない(熟眠障害)

2.食欲の低下

食欲がない

何を食べてもおいしくないし、食べるのも億劫

ダイエットをしていないのに、体重が1か月で数キロも減った

3.疲労、倦怠感

からだがだるい

疲れがずっと残っている

ひどく疲れる

からだが重い

4.ホルモン系の異常

月経の不順

勃起の障害

5.他の症状

頭痛(頭に鍋をかぶったようなすっきりしない鈍い痛み)、頭重感

肩、背中、四肢関節などさまざまな部位が痛む

心臓がドキドキする(動悸がする)

胃の痛み

体の不調に加えて、よく考えてみると「毎日が楽しくない」、「何をしてもつまらない」、「とにかく憂うつだ」など、心の症状もある場合は、早めに医師に相談することが大切です。

抗うつ薬の目的・効果

抗うつ薬はうつ病から治療するために不可欠な治療手段。抗うつ薬の目的・効果について、詳しく解説します。

抗うつ薬の目的・効果
抗うつ薬の役割は、脳内環境の調整です。うつ病は、親しい人との死別など、辛く悲しい出来事がきっかけで発症することも少なくありませんが、ただの〝こころの強さ・弱さ“の問題ではありません。病的な気持ちの落ち込みの直接的原因は、バランスを崩してしまった脳内環境にあります。脳内環境を元の状態に戻すために使用されるのが抗うつ薬です。

「内心」という実態のないものに働きかける不思議な薬ではなく、脳内環境を整えるために「脳内の神経伝達系」に働きかける薬だということを正しく知れば、抗うつ薬の必要性が理解できると思います。

抗うつ薬の効果が現れるまで・基本的な服用期間
抗うつ効果が現れるまでには時聞が必要で、個人差はありますが、大体、1~2週間ぐらいかかります。また、抑うつ症状が消えたからといって服用を止めると、脳内環境がまだ自力では整えられない状態のため、再発リスクが高まります。

抗うつ薬は再発防止のためにもしばらく飲み続ける必要があるので、うつの症状が初めて出た時は、大体、半年ぐらいを目安として服用します。うつの症状が何回か再発してしまった人の場合は、より長期間の服用が必要となります。

4つのストレスについてそれぞれを解説していきます

うつや自律神経失調症の原因とは一体何なのでしょうか。そう聞かれたら、多くの人は「ストレスだ」と答えるでしょう。

本文は4つのストレスについてそれぞれを解説していきます。

1.精神的ストレス

精神的ストレスは、みなさんが一番ストレスとして実感しやすいものです。人間関係など、基本的に「嫌だなぁ」と思うことが精神的ストレスに入ります。

多くの方が、ストレスというと、この精神的ストレスのみが原因と考えてしまうことで「うつや自律神経失調症を悪化」させてしまうことがよくあります。

2.構造的ストレス

構造的ストレスとは、主に体のゆがみを指します。

体がゆがんでいると、そのゆがみの情報は確実に脳に伝わり、あなたが意識しているかしていないかに関わらず、脳はストレスを感じます。

うつや自律神経失調症の原因に関係する体のゆがみは、主に、頭蓋骨・あご・全身の筋肉・背骨・骨盤などがそれに当たります。

「頭蓋骨がゆがむの?」と思う方もいるでしょうが、うつや自律神経失調症の方には頭蓋骨がゆがんでいる方がとても多いのです。

他にも、全身の膜組織(まくそしき)といわれる内臓や脳などを支えている布のような組織もゆがみます。

やはりこれらの情報も脳に伝わり、脳がストレスを感じるのです。

3.化学的ストレス

化学的ストレスとは、主に栄養素を指します。

ある栄養素が過剰であったり不足であったりしても、その情報が脳に伝わりストレスを感じるのです。

実は、うつや自律神経失調症の原因となりやすい栄養素があることをあなたはご存知でしょうか。

(※栄養素に関しましては、この先さらに読み進んでいただくことで明らかになっていきます。)

この栄養素を過剰に摂れば、誰でもうつや自律神経失調症の原因になります。

また、反対にうつや自律神経失調症になりにくい栄養素もあります。

この栄養素が不足すると、うつや自律神経失調症の原因になります。

更に、栄養素以外にも化学物質や匂いで感じるものなども化学的ストレスに入ります。

4.温度と湿度のストレス

温度と湿度のストレスとは、文字通り寒すぎたり暑すぎたりすることがストレスになります。

湿度も快適でないとストレスになるのです。

更に、気圧などの変化もストレスになりますので、天気が悪いのもこのストレスに入ります。

また、体の温度もストレスになりますので、うつや自律神経失調症の方は体温などに注意する必要があります。

温度と湿度のストレスのみ、これだけでうつや自律神経失調症の原因になることはありませんが、既にうつや自律神経失調症の方には、うつや自律神経失調症の症状を悪化させてしまうストレスですから、他の3つのストレス同様に気を付けなければなりません。

さて、ここまでご覧いただき、どのようなものがうつや自律神経失調症の原因となるストレスかがお分かりいただけたかと思います。

次にあなたが知る必要があるのは、ストレスがあるとなぜうつや自律神経失調症になるのかという仕組みです。

エチラームについてこと

エチラームはチエノジアゼピン系の緩和精神安定剤です。エチラームは不安感や緊張感に対して緩和することができます。エチラームは気持ちを落ち着くこともできます。もちろん、リラックス効果や筋肉を緩める効果、抗うつの効果もあります。しっかりと作用しますが安全性も高いため国内でも非常に人気の薬です。これから、オオサカ堂でエチラームについてことを詳しい説明しましょう。

エチラームとは?

エチラームは緊張を緩和する薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で発行されている治療薬です。病院に通院し、医者に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。精神科などを受診するとよく処方される抗不安薬デパスとは名称こそ違いはありますが、ジェネリックとして発行されている以上、成分などは同様だと思われます。そのため、エチラームの効き目や持続時間、副作用などについてはデパスと同様と考えて良いでしょう。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。
エチラームの成分と効果についてこと

エチラームにはエチゾラムと呼ばれる成分が配合されています。これはエチラームの先発医薬品であるデパスに配合されている成分とまったく同じものです。エチラームの効果の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームとお酒の影響についてこと

習慣にまではなっていなくとも、お酒を飲むことがあるという人は多いでしょう。エチラームの服用をはじめるにあたり、飲酒との絡みで気をつけなければいけないことがありますので、目を通しておくことをおすすめします。お酒を飲むとよく薬が効くようになると解釈する人もいるかもしれませんが、副作用がひどくなることのほうに注目すべきです。エチラームとアルコールを一緒に摂った場合、呼吸不全や循環器不全を招く恐れがあり、最悪の場合には命を落とすことになりかねません。
エチラーム飲み方についてこと

エチラームを購入して使用をはじめるにあたり、どのようにして服用するのかと不安や疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。錠剤と舌下錠の2種類のエチラームが製造販売されていますが、両方の服用方法をここで個別に解説していくことにします。

■錠剤型の服用方法

うつ病の人

…1日あたり3mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

神経症の人

…1日あたり3mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

心身症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

頚椎症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

腰痛症の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

筋収縮性頭痛の人

…1日あたり1.5mgのエチラームを3回に分割して飲みます。

睡眠障害の人

…1日あたり1~3mgのエチラームをお休み前に1度だけ飲みます。

なお、高齢者の人は1日あたり1.5mgまでが最大使用量となっていますので、これを超えて飲んではいけません。

■舌下錠方の服用方法

うつ病の人

…大人は基本的に1回あたり2錠を1日あたり3回飲みます。

神経症の人

…大人は基本的に1回あたり2錠を1日あたり3回飲みます。

心身症の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

腰痛症の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

筋収縮性頭痛の人

…大人は基本的に1回あたり1錠を1日あたり3回飲みます。

睡眠障害の人

…大人は基本的に1回あたり1~3錠を1日あたり1回だけお休み前に飲みます。
以上がエチラームの服用方法です。自分の場合は1回あたり、1日あたりどのぐらいの量を飲めばいいのかわかったでしょうか。なお、錠剤と舌下錠では、舌下錠のほうが薬の効き目がすぐにあらわれるといわれていますので、選ぶ際の参考にしてください。エチラーム体験談から「高い安全性を持つだけでなく、耐性や依存性も少ないため、大変人気のある精神安定剤です。」といいました。その他にも、睡眠作用や、筋肉をほぐす効果もあるため、幅広く治療に用いられます。病院でもらう事ができますので、お医者さんの話を聞き、正しく使うようにしましょう。以上はオオサカ堂でエチラームについてことを紹介しました。もし、興味がある方は、是非ごらんください。

from:http://sushi-on-the-run.com/

 

 

うつ病の原因

近年、患者数が著しく増えている精神疾患・うつ病。うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。うつ病は、起きる仕組みや原因が正直はっきり解明されていませんが、その人にはそれぞれ持っている性格・性質と今いる環境的が原因で起こるストレスが関係していると考えられています。

1.性格・性質
うつ病の人にはある一定の性格傾向や気質があることが知られています。性格的には、メランコリー親和型性格と呼ばれる性格がうつ病になりやすいことが指摘されています。これは、真面目で几帳面、融通が利かず、秩序を重んじるような方が該当します。
うつ病が起こりやすい性格
きまじめな性格
・几帳面
・仕事熱心
・凝り性
・責任感が強い
・何をするにも徹底的
・限界まで頑張ってしまう
・正直でごまかしができない
・対人関係をとても大事にする(他人との衝突を避け、他人に尽くすが、自分の周囲が思うようにできる状態にならないと安心できない)
社交的な半面、気が弱いところもある性格
・社交的
・親切
・親しみやすく好人物
・善良
・明朗で活発
・静か
・気が弱い
・他者を優先させる
・さびしがり屋
・反省的

2.今いる環境
身の回りに起こる大きな環境の変化。家族や親しい友人との死別や離別、大切なものの喪失(仕事、財産、健康など)、人間関係のトラブル、家庭内のトラブル、職場や家庭での役割変化(昇格、降格、結婚、妊娠など)。育った環境や、周囲から受ける慢性的なストレスなども、発症の要因の一つと考えられていますが、どの様な過程を経て発症につながるかは、はっきりわかっていません。

抗うつ剤の種類

うつ病の治療には薬剤を用いることが多くありますが、その種類は多様化しています。抗うつ薬に対して納得して、治療を進めていっていただけたらと思います。まずは抗うつ剤にはどんな種類があるのか見てみましょう。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなどに分けられ、市販されているものはなく全て医師の指示の元に処方されています。それぞれの特徴を紹介します。

・三環系抗うつ剤(TCA)
三環系抗うつ剤は、強力な抗うつ作用がありますが、副作用も多く、重篤な副作用が起こることもあります。三環系抗うつ剤の作用機序はモノアミンの再取り込みを阻害することです。モノアミンとは気分に影響を与える神経伝達物質の総称でセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどがあります。

・四環系抗うつ薬
四環系抗うつ薬は三環系抗うつ薬よりも、抗コリン性の副作用が比較的軽い薬です。また抗うつ効果作用も三環系に比べると短い期間で効き始める場合が多いようです。

・SSRI
セロトニントランスポーター(セロトニンの量を調節する器官)に作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安症状をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安症状が強い患者さんにも用いられます。副作用は比較的少ないといわれていますが、飲みはじめに、吐き気やむかつき、便秘、下痢などの消化器系の副作用があらわれることがあります。

・SNRI
SSRIがセロトニンにのみ作用するのに対して、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。

・NaSSA
NaSSAはSSRIなどと違い、再取り込みを阻害するのではなく、分泌量を増やすことで抗うつ作用を発揮する薬です。NaSSAでは一般に眠気や体重増加が副作用として挙げられるそうですが、これらの副作用は仕事や家事に影響が出たり、体重増加によって精神的に悪い影響が出たりすることによって服薬中止になることもあるそうです。

ジェイゾロフトの口コミ

ドロスピレノン(DRSP) ジェイゾロフトを実際に服用した人の感想はネット上でも多く見かけることができます。その中であくまでジェイゾロフトの薬品だけについて書かれている口コミや体験談などを公正な立場としてまとめて見ました。効果に対する評価を発表します。

服用して1年位です。アメリカに住んでいるのですが、ここでは以前からよく服用される薬のひとつだそうです。私は、服用しだ して2週間位でとても気持ちが楽になりました。私の周りにも何人か飲んでいる人がいますが、皆一様にとても良いと言ってます。眠気が強くなったため、服用 する時間を調節しながら、自分にあった方法を少しずつ探しました。ゾロフトは副作用も少ないので、私はとても助かっています。私も服用前はかなりひどかっ たのですが、今は本当に楽になりました。かかりつけのお医者さんの勧めもあり私はカウンセリングも平行して受けたのも、とてもよかったようです。そして、 いつもお医者さんに聞かれるのが、運動をしているか、体にいい物を食べているか、水を沢山飲んでいるか、規則正しい生活をしているかです。基本的な事が本 当に大切なんだなと実感しています。私は、自宅で一人で仕事をする事がとても多いので、それも生活、精神面によくなかったのだと思います。お子さんを一人 で育てられ、精神的にも大変なことが多いかもしれませんが、きっと大丈夫。回復なさいますよ。応援してます。自分を大切にしてあげてくださいね。

何かを説明しなければいけないシチュエーションになると手汗も額汗も出てきてドモってしまう。一ヶ月に一回のミーティングが一苦労。部下に示 しもつかない。リラックスにはデパスがいいと聞いたがJゾロフトがこの手では一番有名なようなのでこちらにしました。先月先々月のミーティングではJゾロ フトと自己暗示で、以前に比べたらだいぶ改善できたのではと自負してます。それ以外普段の生活では落ち込みがなくなり快適です。

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ薬です。

ジェイゾロフトの副作用は全体的に少ないですが、嘔吐下痢・不眠・性機能障害がみられます。

ジェイゾロフトは、他の受容体に対する作用が少なく、レクサプロと同じように副作用が少ないお薬です。ですから、セロトニンによる副作用が中心で す。胃腸を刺激してしまうことで、吐き気や下痢がみられることがあります。また、睡眠が浅くなって不眠傾向になる方もいます。性機能障害がSSRIでよく みられますが、ジェイゾロフトはパキシルはその中でも多いです。70~80%の方に認められるといわれています。

それはジェイゾロフトの成分であるセロトニンが嘔吐中枢に作用して吐き気をひきおこします。また、胃腸にも働いて腸の動きを活発にして下痢になることがあります。これはよくある副作 用ですので、ジェイゾロフトを飲まれる方は心づもりをもってください。胃腸の副作用は薬が身体になれてくると落ち着いていきます。一時的に薬で胃腸薬でサ ポートしていくのもありです。

また、セロトニンの刺激が強くなりすぎると睡眠が浅くなることがわかっています。このため途中で目が覚めてしまったりと、不眠の原因となることがあ ります。反対に眠気を感じる方もいらっしゃいます。作用機序だけをみると眠気はおこりにくいのですが、薬を飲むと眠くなってしまう方が時々います。この場 合は、飲み方の工夫や薬の調整を行っていきます。

ジェイゾロフトの効果時間について

ジェイゾロフトは2006年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。日本では比較的新しいお薬ですが、イギリスで1990年から使われ始め、全世界に広まっていきました。SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニンにしぼって増加させる働きのある抗うつ剤になります。

ジェイゾロフトは、抗うつ剤の中でも効果と安全性のバランスが非常によいと定評があり、2015年12月からジェネリックが発売されました。

抗うつ剤は、不安や不眠に関しては、効果がすぐに表れることもありますが、一般的には効果が出てくるには2週間程度かかります。
が安定して効果を発揮するためには、常に身体の中に薬がある状態が必要です。薬を規則正しく服用していると、身体の中に少しずつ薬がたまっていきます。およそ服用を始めて4~5日ぐらいで薬の体内での濃度が安定します。

ジェイゾロフトを服用すると、6.7時間で血中濃度が最高値になります。そこから徐々に血中濃度が低下していき、22~24時間で血中濃度が半減します。このように、ジェイゾロフトは身体から抜けるのがゆっくりなお薬なので、1日1回の服用で効果が1日持続します。

夕方に1回服用とすることが多いでしょうか。1日のどこで服用してもかまいません。薬の説明書には、25mgを1日1錠からとなっています。副作用も少ないので、通常は1錠から始めていきます。薬の効果をみながら、25mgずつ調整していきます。100mgまで使う事ができます。